vol.13

モバイルファーストで学ぶUX & UI設計基礎講座

開催日 10月19日(木) -〜-
10月26日(木) -〜-
11月2日(木) -〜-
定員 10名
*定員に達し次第募集終了
開催状況 未決定:あと4名で開催
申込期限 2017年10月18日(水)
受講料 48,000 円

講座の特徴

モバイルの誕生でWebサイトの操作性が重要になりました。この講座ではモバイルファーストのコンセプトを元にヴァージン・アトランティック航空のウェブサイト構築で利用されたストーリーテーリングを用いてサイト設計、UI設計を学びます。3日間ではそれぞれ課題が出され最終日にはユーザービリティテストを実施して改善のヒントを得ていただきます。この講座では表面的なデザインを真似ることでなく、使いやすいユーザーに好まれるデザインの考え方を学びます。

Curriculums

カリキュラム(MF=モバイルファースト)

  1. モバイルファーストとは
  2. スマートフォンになって変化したユーザー行動の理解
  3. スマートフォンから考えるUI設計の基本
  4. MFのメリットの理解
  5. 設計(実習)
  6. ストーリーテリング作成(実習)
  7. 画面設計(実習)
  8. UI設計(実習)
  9. ユーザビリティテストの実施

学べる内容

モバイルファーストでのUX,UI設計を学ぶことができます。考え方を用いた実習課題が提出されて個別にレクチャーで学んだ内容を組み込んだサイト設計を行っていただきます。最終的にはユーザビリティテストを実施する方法を学んでいただきます。

  • スマートフォンから、天気、場所、電話機能、カメラ機能、歩きながらの状況を連想するイメージ
    モバイルファーストから考える、見えてくる企画、アイディア、UIの考え方を身につけることができます
  • ペーパープロトタイプ制作のイメージ
    画面設計実習、ペーパープロトタイプ制作を行うことで、軸がぶれない制作過程を学びます
  • ユーザビリティテストのイメージ
    間違ったユーザビリティテストとUI変更後の検証し、ユーザビリティテストを実施します

こんな方におすすめです

授業スタイル

  1. 実習を用いた学習スタイル

    ワークショップ形式で実習を行いますが、みんなで1つのものを制作するのではなく、自分のマインドを変更するために実施するためひとり1つのものを作成していただきます。

  2. 実習環境

    紙とペンを用いることで自由な発想をアイディアの奇跡を残すことができるため紙とペンを用いて実習していただきます。

  3. ユーザビリティテスト実施

    グループに別れ自分の作品をテストしてもらうユーザビリティテストを実施いたします。 場合によってカメラで撮影して記録いたします。

授業風景

担当講師

菊池 聡[肖像]

菊池 (きくち さとし)

今求められているサイトはユーザー行動から考えられたUI設計です。モバイルからの流入が多くなっている時代からこそ、モバイルファーストの考え方を取入れることでさらに違った角度からサイトを構築することができます。

受講特典

  1. みんなで良い点、つまずいた点などを情報共有

    ユーザビリティテストを実施した後に、よかった点、反省した点などを共有して改善のヒントに繋げられます。

  2. スライド・サンプルのプレゼント

    授業中に利用したスライド、サンプルコードを受講後にプレゼントいたします。

  3. 再受講制度で分からないところも確実に

    受講後半年間は、同じ講座を最大無料で受講することができます。

受講生の声

鳥羽紗也香さん

鳥羽紗也香さん

Webデザイナー

スマートフォンが使用されている状況の最新情報を確認した上で、従来のサイト作成からどのように意識を変えると良いのか?具体的にはどのように進行するのか?を勉強できました。今後の授業も楽しみです!(1日目終了) 実際に紙に書いてペーパープロトを制作しました。思っていたよりも、スマートフォンの画面サイズが小さく感じました。押せるボタンのサイズや見やすい情報量をコーディングする前に紙に書くことで考えながら制作しました。(2日目) ユーザビリティテストをすることで、自分と他の人のわかりやすさは同じではないことがわかりました。紙の状態でテストするのは、比較的かんたんに直したりテストする事で精査しやすいので、デザインやプログラムを始める前に精査されたペーパープロトがあることは、良いUI/UXを作ることの大事なフローだと思いました。(3日目)

山村早紀さん

山村早紀さん

某制作会社勤務Web担当者

モバイルファーストという言葉は聞いたことはあったのですが、あまり重要だと思っていなかったのです。この受講を受けて、制作面においてもマーケティング的にも重要であることがわかりました。第1回目で受講できてよかったです。課題は全てできなかったのですが、これで終わらずに進めてみたいとおもいました。

坪井康彦さん

坪井康彦さん

Webディレクター

たくさんの「気づき」を得ることができました。 コンテンツとプロダクトの違い、ゲーミフィケーションの要素、ビジュアルコミュニケーション等、これらの「気づき」を理解しなかったら本当の意味でのモバイルファースト(スマホファースト)にはなりにくいんだなぁと強く感じました。

実際にペーパープロトを作ってユーザビリティテストで改善するプロセスも講座内で体験できる点は非常に大切だったなと思いました。

志保沢 健之さん

志保沢 健之さん

デザイナー

概念は知っていたものの、実際に自ら考え、手を動かすことによって理解を深めることができました。特に、ストーリーテーリング、プロトタイピングを複数人で作成し、ユーザビリティテストを行うことにより、ユーザーの行動や求めている事の新しい発見が数多く見つかり、こんなにスピーディーにPDCAが回せるのかと感心しました。今までクライアントと制作者の判断だけで進めていたワークフローを改め、この講座で学んだユーザー中心の設計に変えていかなければいけないなと強く感じました。

大関麻依さん

大関麻依さん

アシスタント

初めてユーザビリティテストを行いましたが、実際にやってみることで他のみなさんから良い部分を吸収できたり、自分がいかにデスクトップデザインにとらわれているか、といったところに気付かされ、よりユーザー目線で使いやすいデザインがどんなものなのかを考えるきっかけとなったところが良かったです。

加藤智恵子さん

加藤智恵子さん

デザイナーアシスタント

セミナーの中で、紙を用いてモックアップを作成しましたが、普段の作業では行っていなかった工程だったので、とても勉強になりました。 実際にモニターの方に紙のモックアップで操作をしていただくと自分が想像して作成していた時の動きとは全く違っていました。 また、表示されたボタンやリンクを触った先には何の情報が得られるのか?ということが想像しやすいアイコン(イラスト)を使うことは、スマートフォンのデザインでは必要なことなのだな、ということもわかりました。 セミナー参加は、とても有意義な時間となりました。

この講座が含まれるコース

UX & UI設計基礎講座が入ったコースです。コースでお申し込みされると割引されます。

Page Top