検索エンジンと会話しよう

Googleサーチコンソール解説セミナー

使えて当然!ウェブ担当者の新常識

Googleサーチコンソール解説セミナー

Googleから提供されているGoogleサーチコンソールはウェブ担当者として絶対に欠かせないツールです。

サイトの状態をクローラーに通知したり、エラーの知らせを受けたり。いわば、Googleとの通信手段です。

被リンクなどで検索結果上位表示が実現していた時代から、白黒はっきりさせる時代に突入しました。白黒の判断はGoogleの考え方、アルゴリズムで変化していきますので、それらの通知してくれるGoogleサーチコンソールは絶対にマスターしておきたいツールです。

Googleサーチコンソール3つのポイント

Point 1

Googleとの通信ができる

Googleとの通信ができる

Googleのサービス「Googleサーチコンソール」は、登録するだけでサイトの状態を教えてくれます。例えば、サイトのパフォーマンスやPVの伸び、検索クエリなどを知ることができます。

ユーザーの検索クエリを知ることで、サイトのコンテンツの方向性の目処をつけることができます。ページのスピードや流入数等を見ることでサイト全体を把握することができます。

Point 2

エラー、クローラーの動きを知ることができる

エラー、クローラーの動きを知ることができる

アナリティクスはユーザの行動を知るためのものですが、Googleサーチコンソールは検索エンジンから見たサイトの状態を知ることができるツールです。

GoogleサーチコンソールではGoogleBotの動きを知ることができます。

Point 3

情報を構造化して通知できる

情報を構造化して通知できる

Googleは検索の機能を高めるために、ウェブ上のデーターをHTML以外のデーターとして格納する方法を考えています。その一つとして、Schema.orgを利用してコンテンツの情報をデーター化しています。

Googleサーチコンソール上からもデーター化させる「データーハイライター」という機能があります。これらを設定することで検索エンジンに自サイトの構造を知らせることができます。

特徴

  • ウェブ上に出ているGoogleサーチコンソールの使い方だけでないツールの見方を伝授!
  • 基本的な操作方法とデーターの見方を解りやすく解説
  • 現場で困った問題や解決できない問題などを解決
  • 再通知の方法など具体的な方法をレクチャー
  • 知らなかったでは済まされない知識アップ

カリキュラム

  1. Googleサーチコンソールとは?
  2. 基本操作方法
  3. ツールにまつわる背景情報
  4. データー解析
  5. 問題解決
  6. データーハイライターでのサイトのデーター化

受講前提と目標

受講前提

  • ウェブサイトの運用をしたことがあるレベル

到達目標

  • クローラーの動きがわかるようになる
  • Googleのアルゴリズムとこれからについて理解できる
  • データーハイライターでサイトを構造化させることができる
  • 検索エンジンに優しいサイトの運用ができるようになる