ユーザーの真意を聞き出す

ユーザーリサーチ・インタビュー講座

真のニーズを引き出すリサーチ、インタビュー

ユーザーリサーチ・インタビュー講座

ユーザーインタビューは単にユーザーにインタビューをすることではありません。
質問によってはインタビューアー(質問される人)は、質問内容によって本意とは異なることを話してしまう可能性もあります。回答が全て白黒はっきりしていない場合や、知らずのうちにインタビュイー(質問する人)に気を使ってしまっている可能性があるからです。

インタビュー、リサーチのクオリティを上げるための方法を学びます。

ユーザーリサーチ・インタビュー講座の3つのポイント

Point 3

ユーザーの本音を探る

ユーザーの心を開き、本音が出る設問の方法を学びます。インタビューの雰囲気作り、内容、プロジェクトでは何の質問を聞いておくべきかなどを学ぶことができます。

Point 2

適切なアンケート方法を学ぶ

ユーザーの調査を行う際に、アンケートの手法が間違っていたら意味のないアンケートデーターになってしまいます。正しい手法、方法を学びます。

Point 3

データーの見方

アンケートで出てきたデーターの分析方法を学びます。データーの中にはバイアスによって作られたものがないか?いろいろな角度でデーター分析し、有効なデーターを利用する方法をご紹介いたします。

特徴

  • ユーザーヒアリングの方法を学ぶ
  • 実践で行うことで体感トレーニングができる
  • データーの正しい見方が身につく

カリキュラム

インタビューアーが話しやすい環境を整え、システムやデザインの率直な意見を貰う環境や質問内容を学びます。 また、ヒアリングから出てきたデーター分析方法を行います。

  1. ユーザーリサーチ方法
  2. リサーチの心得と手法
  3. アンケート、リサーチの種類
  4. 取得したい内容から質問内容の構成
  5. デプスインタビュー
  6. 取得したデーターの分析
  7. カードソーティング
  8. 問題分析

Page Top