Googleアルゴリズムに影響がある

パフォーマンスアップセミナー

Webサイトには必須の対策

パフォーマンスセミナー

スマートフォンからの流入が過半数以上になっている現代では、パフォーマンスをアップすることはビジネスに大きく影響を与えます。

パフォーマンスが悪いサイトは、せっかく呼び込んだユーザーを逃してしまいます。ユーザーはページの表示が遅いことでストレスを感じ離脱してしまうからです。

特にスマートフォンを使っているユーザーはパソコンでサイトを見ている時より落ち着いていません。多くのタブを開いて後で見ることができるパソコンを利用している状態とモバイルを使用している状態ではユーザーの状態は明らかに異なります。

パフォーマンスアップの3つのポイント

Point 1

PVの伸びが期待できる

PVの伸びが期待できる

ユーザーのレスポンスが早いので単純にPVも上がりやすくなります。

PVと同じようにCVの伸びも期待できます。

Point 2

売り上げに直結!

コンバージョンアップ

1秒遅れるごとに7%のコンバージョンが下がり、11%のページビューが下がり、16%の顧客満足度が下がると言われています。

これは、1日に1000万円の売り上げがあるサイトで考えると年間25億の売り上げの損失を生んでしまうことになります。

Point 3

Googleのアルゴリズムに採用

Googleのアルゴリズムに採用

Googleのコンセプトである「ユーザーのメリット」はパフォーマンスがアップすればするほどよいと考えらています。

また、パフォーマンスアップはクローラー的にもクローリングしやすくなることからGoogleでも推奨し、SEOにも影響があり上位表示されます。

特徴

  • ディレクターや経営者にわかる解説方法
  • SEOに効くパフォーマンスアップの具体的施策方法をご紹介
  • なぜ、パフォーマンスが良いと効果があるのかをご紹介
  • パフォーマンスの基本概念を理解
  • 検証方法やツールのご紹介

カリキュラム

パフォーマンスアップは技術的な側面だけでなく、ビジネス的にも大きく影響を及ぼします。パフォーマンスに関わる部分がどのようなものなのか、基本的な考え方から具体的な施策方法、チェック方法までを学んでいただきます。知らなかった、チェックし損ねていた、では済まされないパフォーマンスについての知識アップを計ります。

  1. パフォーマンスアップとは
  2. ビジネスにどのように影響があるのか?
  3. パフォーマンスアップのための基本知識
  4. 具体的施策方法のご紹介
  5. チェック、検証ツールをその見方
  6. 品質管理チェックのためのパフォーマンス
  7. 運営上、ワークフローでのパフォーマンス保持方法
  8. デバイスごとのパフォーマンスチェック方法
  9. TOPICS:パフォーマンスとUIについて

受講前提と目標

受講前提

  • Webのビジネス用語を知っているレベル
  • ディレクター、Web業界に2年以上のキャリアがあるレベル

到達目標

  • 案件ごとのパフォーマンスのチェック項目を作成できる
  • パフォーマンスの測定ができるようになる
  • スマートフォンでの検証方法と実行ができる
  • パフォーマンスについてのレポートが作成できる