イノベーションを生み、考え方を一新させる

モバイルファーストセミナー

世界で注目されている「モバイルファースト」を体得する

モバイルファーストセミナー

モバイルの流入が多くなっている現在、モバイル中心に制作されるウェブサイトが増えています。

そしてモバイルからサービスを起案し成功した事例が多いことから、Googleの前会長エリック・シュミット氏もモバイルファーストへ共感し、Googleもサービスを展開する上で取り入れています。

しかし、一方で流行語として認識され誤って認識されている場合があります。本講座ではモバイルファーストの正しい考え方を学ぶことで新しいアイディアやイノベーション力を身につけます。

モバイルファースト3つのポイント

Point 1

イノベーションが生まれる

新しい発想、イノベーションが生まれる

デスクトップサイトを作成している方はどうしても、デスクトップのサイト制作から抜け出すことができません。しかし、モバイルはパソコンとは違う優れた機能や利用方法があり、利用しないことはマイナスにもなりえます。

ユーザー行動を理解し、サイト設計の考え方を身につけ、モバイルの特徴を活かしたアイディアを発案できるようにします。

Point 2

モバイルからの流入増大!

GoogleからもUIが悪いとしてペナルティ

2014年、デスクトップ用のウェブサイトでもスマートフォンからの流入が多くなっています。そして、スマートフォンページを用意しないと画面を拡大しなければならず、GoogleからUIが悪いページとしてペナルティが課せられます。

スマートフォン、タブレットのモバイルからの流入を逃さず、SEOのランクダウンなどで機会損失をしないようにしましょう。

Point 3

スペースの制約から情報設計やユーザーのニーズを抽出

UI

モバイル端末という制限されたエリアを基点にUI、情報設計の見直しをすることで、ユーザーが使いやすい洗練されたサイト制作を構築できます。

正しいUI設計のために、モバイルファーストを踏まえたユーザーの行動から設計する方法学びます。

特徴

  • モバイルファーストを提唱したルーク氏からの正しいモバイルファーストのコンセプトが学べる
  • 言葉だけでない本当のモバイルファーストのコンセプトを学ぶことができる
  • 制作者だけでなく、企画側の方にも参加いただける
  • チーム全体、会社全体で学ぶことでより良い効果を発揮

カリキュラム

  1. モバイルファーストとは?
  2. モバイルファーストのメリットと成功実践
  3. よくある間違いUIの間違い
  4. モバイル利用のコンテキスト
  5. ケーパビリティ
  6. まとめ

受講前提と目標

受講前提

  • スマートフォンの基本操作ができる

到達目標

  • スマートフォンUIをはじめ、UI設計の基本を取得する
  • 新しいサービスのアイディアの発想力をつける
  • モバイルでの操作がしやすい設計手法の取得