JavaScriptの基本を全てマスター

JavaScriptマスタリング講座

Webアプリケーションで必要なプログラム

JavaScriptマスタリング講座

JavaScriptはWeb標準の言語であることから注目されている言語、スクリプトです。

Webの進化と共に、利用される分野や範囲が広がっています。

JavaScriptのベースになる部分を理解することでより自分のキャパシティを広げることができます。

JavaScriptの3つのポイント

Point 1

フロント、バックエンド、多くのシーンで利用される

フロント、バックエンド、多くのシーンで利用されるJavaScript

プルダウンメニューやマウスの検知など、JavaScriptはフロントに関わるスクリプトとして利用されてきましたが、ここ数年の間にバックエンド側でも利用されるようになりました。

多くのシーンで利用できるJavaScriptは今後も進化していくプログラム言語と言えます。

Point 2

有能なJavaScriptフレームワークが揃っていて開発しやすい

有能なJavaScriptフレームワークが揃って開発しやすい

JavaScriptフレームワークは数多く存在するようになりました。その中でも良く利用されるAngular、Backbone、Emberのようなフレームワークは、JavaScriptコードの構造を整理された状態に保つことができるため開発しやすい環境になっています。

Point 3

Web標準スキルである

Web標準スキルである

どのプログラム言語もJavaScriptのような構文になってきている傾向にあります。その理由はJavaScriptがWeb標準スキルであるからだと言えます。 しかし、JavaScriptは冗長的な記述方法がありプログラマーの中には慣れない方もいるようです。

JavaScriptと一言で言っても幅は広く、フレームワークひとつとっても、レベルによって使えるフレームワークが変化してしまいます。高度でパフォーマンスの良いプログラムを記述するにもまずはJavaScriptのベース(コアJavaScript)をマスターすることが必要です。

特徴

  • 人気講師からわかりやすく教えてもらえる
  • プログラマーからも理解しやすい解説が盛り込まれている
  • パフォーマンスがよいJavaScriptの記述方法をご紹介
  • 次に繋がる学習方法を伝授

カリキュラム

JavaScriptのベースになる部分をマスターするカリキュラムです。これからまだまだ広がりを見せるJavaScriptですが、フレームワークがあっても基本を理解しているか否かで開発内容が異なります。この講座はJavaScriptで注目されているベースの技術をマスターしていただく、パッケージの講座です。

  1. イベントハンドリング
  2. DOM操作
  3. JavaScriptアドバンスドAPI
  4. Object API, Array API
  5. パフォーマンス

受講前提と目標

受講前提

  • JavaScriptの基本構文が記述できる
  • JavaScriptソースを読む事ができる

到達目標

  • ネイティブのJavaScriptを取得
  • JavaScriptでできる全体像を掴むことができる
  • Webアプリケーションのベースを理解できる
  • JavaScriptでのパフォーマンスアップ方法を取得